キャットフードの賞味期限

かつては人間のご飯の食べ残しなどを食べていた猫ですが、キャットフードの普及によってキャットフードを食べるようになり、寿命が大幅に延びました。そんな猫の生活に欠かせないキャットフードを選ぶ際、安全な食事を心がけるため賞味期限に注意しなければなりません。
今回はキャットフードの賞味期限と注意点について紹介します。

ドライキャットフードの賞味期限

ドライキャットフードは総合栄養食が多く、猫の主食として広く流通しています。
賞味期限は種類によっても様々ですが、一般的に1年から1年半程度です。製品のパッケージには必ず賞味期限の記載があるため、買う前にはチェックしましょう。
自然由来の素材で作られているものや添加物が含まれていないものは、賞味期限が短く1年ほどです。賞味期限の長さは添加物の量などにも左右されます。したがって、必ずしも賞味期限が長いから健康によいということにはなりません。

ですが、パッケージに記載されている賞味期限は未開封の状態を前提としており、開封してしまうとドライキャットフードの場合は約1ヶ月が期限です。時間が経過するとキャットフードの油脂が空気によって酸化してしまい、味が落ちてしまいます。未開封の時と同様、乾燥した冷暗所へ保存し、1ヶ月以内のできるだけ早いうちに食べさせてあげましょう。

ウェットキャットフードの賞味期限

おやつなどの用途が多いウェットキャットフードですが、賞味期限は約2~3年と、ドライキャットフードよりも長く設定されています。
レトルトパックで約2年、缶詰の場合は3年ほどが目安です。こちらも製品の見えるところに必ず記載がありますので、チェックしましょう。

但し、こちらも未開封の状態での賞味期限です。重要なのは開封後の賞味期限で、約1日とかなり短くなってしまいます。これは冷蔵保存を前提とした場合です
ウェットキャットフードは水分が多く含まれるため、酸化の影響でニオイや味が変化しやすくなります。その結果、開封後の劣化がドライキャットフードよりも早いです。冷凍することで3,4日は持つといわれていますが、冷凍することによるニオイの変化などの影響も考えられます。
いずれの場合でも開封した場合に食べきれる量のものを買い、食べきれる分だけを取り分けて与えてあげることが重要です。取り分けて残った分は、ラップをして冷蔵庫で保存して、1日以内に与え切りましょう。

賞味期限を見て購入する上での注意点

まず賞味期限というものは、未開封でふさわしい場所に保存されている状態で保証される期限です。そして、期限が過ぎていきなり腐ってしまうものでもありません。

例えば、ドライキャットフードを買って未開封のまま 半年経過した場合、賞味期限まではまだ余裕があっても少しずつ劣化が進んでいます。
そのため、買ってすぐ食べさせるからといって、賞味期限が迫った安売りされているキャットフードを選ばないようにしましょう。未開封でも確実に劣化は進んでいます。
そのため賞味期限が1年あるからと、セールの時に買いだめして置いておくのもよくありません。

猫は人間よりも数倍嗅覚が優れているといわれます。例え賞味期限が切れていなくても気に入らなかったら食べてくれません。その場合、新鮮なフードなどを混ぜて食欲を刺激して食べさせる方法もあります。しかし、フードが劣化して食べてくれないというケースも想定しておくべきです。

キャットフードを選ぶ際には、賞味期限の日付や人間の目、鼻などの判断基準も必要ですが、まず飼い猫の様子をしっかり見て判断することが重要です。
そのため新しいキャットフードに変えるときは、まずは少量を買って与えてみてから継続して購入するかを検討しましょう。

まとめ

キャットフードの賞味期限についてご紹介しました。
未開封の状態での賞味期限は以下のとおりです。

  • ドライキャットフードの場合は1年から1年半
  • ウェットキャットフードの場合は2年から3年

開封後は以下です。

  • ドライキャットフードの場合は1ヶ月
  • ウェットキャットフードの場合は1日

いずれも、保存方法に気をつけ、賞味期限の期日が過ぎていなくても劣化は進んでいることを忘れないようにしましょう。