ドライキャットフードの選び方

猫の健康を維持するためには猫にとって安全なキャットフードが必須です。そしてそのキャットフードを選ぶのは飼い主の重要な役割です。猫は当然のことながら喋ることができないため、与えられたキャットフードを黙って食べるしかありません。
では安全なキャットフードとはどのようなものを指すのでしょうか。この記事では、どんな観点でキャットフードを選択すればよいのか、前提となる知識と選び方に分けて詳しく記載していきます。

まず知っておきたいこと

最初に、前提として必要な知識についていくつか説明をします。

キャットフードは雑貨である

キャットフードに限らずペットフード全般にいえることですが、キャットフードは食品ではなく雑貨の扱いとなります。大型のスーパーなどでキャットフードが陳列されている場所は日用品などと同じフロアであることが多いはずです。
ということは、種類でいえば食べ物に属さないため、人間の食品と同じような規制を適用できません。人間の食品には食品衛生法が適用されていますが、キャットフードは全く別基準である、2009年から施行された「ペットフード安全法」によって規制されています。
そしてそのペットフード安全法は人間の食べ物の規制よりもレベルが低く、それだけでは安全性を確保できないことに注意が必要です。

原材料は多い順に記載される

キャットフードを選ぶ際の1つの基準として「原材料に何が使われているか」という観点が挙げられます。この原材料の表示は含有量が多い順に記載されているということは覚えておくべき知識です。
例えばドライキャットフードの場合、たんぱく質が多く含まれているものはチキンやサーモンが1番最初に表示されています。詳細は後述しますが、チキン味となっているのに最初の原材料表示が穀物となっていたりすると、本当にキャットフードとして安心できるものか、信頼性が高いものか不安が残る製品ということです。
このように、1番最初に記載されている原材料は含有量が1番多い、ということはキャットフード選びをする上で重要な知識となります。

「4Dミート」「ミール」「副産物」という用語

そして、原料に何が使われているかをチェックする際に覚えておいた方がいい用語も存在します。
1つ目の4Dミートとは、アメリカで使われている食肉のランクを表す用語です。その4つの詳細は、

  • Dead(死んだ)
  • Dying(死にかけの)
  • Diseased(病気の)
  • Disabled(障害のある)

となっており、簡単にいうと人間が食べられない、品質が最低の肉のことを指します。
2つ目と3つ目は同じ意味で使用される用語ですが、「○○ミール」「○○副産物」という表記は、内臓や頭や骨など肉以外の部位を集めたもののことを指します。
ここで覚えておくべきことは、この「ミール」や「副産物」という用語が使用されている場合に4Dミートが使われている可能性を否定できない、ということです。必ずしも4Dミートが使われているというわけではありませんが、少なくとも新鮮な肉や魚を使用している場合はこういった表示にはなりません。
ここは後述のドライキャットフードを選択する基準として必要な情報となります。

ドライキャットフードを選ぶ基準

それでは上述した前提知識をもとに、どういった部分に気をつけてキャットフードを選べばよいかについて記載します。

AAFCOを満たしているかを確認する

まず、選択材料として、アメリカの「飼料検査官協会」AAFCO(アフコorアーフコ)の基準を満たしているかに着目するというのが1つの方法です。
AAFCOは人間と同じような基準をペットフードにも適用するというものですので、AAFCOの基準をクリアしているということで一定の質が保証されている、とみなすことができます。
但し、このAAFCOを盲目的に信用するのは非常に危険です。というのも、この規制は最低限のものにすぎず、審査などを行って合否を判定しているものでもありません。
よって、あくまでも「AAFCOの基準をクリアしている」という表現が全てであり、それ以上の情報は得られることができません。だからといって安全かどうかは他の観点と合わせて考える必要があるでしょう。
逆に「合格」や「審査」などの用語を使っているキャットフードがあった場合は虚偽の情報を発信している可能性が高いですので、注意が必要です。

粗悪な原材料を避ける

次はもう少し踏み込んで、原材料から判断する方法です。これは上述した前提知識から、1番最初に書いてある原材料が何であるかということから判断します。
具体的には「チキン」「ターキー」「サーモン」など、明確な肉、魚の原材料の表示があれば安全である可能性が高いです。ここが「ミートミール」「フィッシュミール」など、ミールや副産物というキーワードを含んでいる場合、安全と判断することが難しく、最悪の場合は4Dミートが含まれている可能性を否定できません。
こういった記載があった場合は安全の可能性もありますが、避けた方がよいでしょう。

穀物の含有量が少ないものを選ぶ

同様に原材料から判断する場合に、穀物の割合が低いものを選択するということも1つの判断基準となりえます。
猫は本来肉食動物であり、穀物は必須ではありません。コストダウンのために穀物の量を増やしているドライキャットフードも存在しますので、そのようなものはなるべく避けた方がよいです。
そのため、原材料の1番目が穀物の表示になっている場合には注意が必要です。この場合、安全性よりも量を重視しているキャットフードの可能性があります。
穀物を使用していない、グレインフリーのキャットフードも存在しますので、グレインフリーというキーワードから選択するのも有効といえます。

添加物には注意

更に、添加物にも注意です。添加物には保存料、着色料、酸化防止剤など様々なものが存在しますが、猫の健康にはこれらは必要ありません。長持ちさせたり見た目を良くしたり、人間に都合の良い理由で使用されていることがほとんどです。
そのため、原材料の一覧から添加物が多く使われているとわかった場合は避けた方が安心です。
キャットフードの中には無添加のものも存在します。人間も猫も無添加が安全なのは変わりありません。
添加物の有無を確認し、可能であれば無添加のキャットフードを与えてあげるとよいでしょう。

まとめ

ドライキャットフードを選ぶにあたっての必要な知識と具体的な基準について述べました。
定められている規制がどういう意味を持つかを理解し、その上で原材料をしっかりチェックすることで、健康を害するキャットフードを極力避けることができると思います。
猫に長生きしてもらうためにも、適切なキャットフードを選び、与えてあげましょう。

【参考文献】
人気のドライキャットフードのランキング
http://キャットフード.net/ranking.html
悩み別キャットフードの選び方
https://www.ame-today.com/purpose.html
グレインフリーのキャットフード
https://www.npgoodpractice.org/grainfree.html
添加物で特に気を付けた方がよいもの
http://www.rb-e.com/s/news-releases.asp