ウェットキャットフードの種類(総合栄養食)

キャットフードは栄養の観点から大きく「総合栄養食」と「一般食」に分類されます。
総合栄養食とは、そのキャットフードと水だけで充分な栄養を摂取できるという栄養基準をクリアしたものです。
キャットフードの中で総合栄養食といえば、ドライキャットフードをイメージすると思います。しかし、ウェットキャットフードにも総合栄養食の基準を満たすものは多く存在します。

それでは総合栄養食のウェットキャットフードにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。その種類と、選ぶ際のポイントについても合わせて詳しくご紹介します。

一般的なウェットキャットフードの位置づけ

まずは簡単に、ウェットキャットフードの特徴について触れます。

ウェットキャットフードは水分含有量が多く、肉や魚本来の食感を味わえるため、猫にとっても嗜好性が高い食べ物です。

栄養面で考えると、ウェットキャットフードの中にはおやつの位置づけである「一般食」に分類されるものも多くあります。そのため、ドライキャットフードに飽きた時のおやつとして与える場合や、食欲を刺激するためにドライフードに混ぜて与える場合が多いです。

ウェットキャットフードのメリット・デメリット

メリット

総合栄養食のウェットキャットフードには、以下のようなメリットがあります。

  • 必要な栄養の摂取と同時に水分補給ができる
  • 内容量が少ないため、1食分ずつ新鮮な状態で与えることができる
  • 噛む力が弱い老猫や子猫に最適

本来猫は水分補給が苦手な動物です。そのため、食事するだけで水分補給も可能な点は最大のメリットです。総合栄養食のため、主食として与えても問題ありません。

デメリット

それに対し、デメリットは以下のようなものが考えられます。

  • ドライキャットフードと比較して量の割に値段が高い
  • 歯石や口臭の原因になりやすい
  • 歯や顎の力が弱くなる

ウェットキャットフードは柔らかく食べやすい反面、歯に付着して虫歯の原因となったり、歯や顎の力が弱くなったりといったデメリットが存在します。

総合栄養食に分類されるウェットキャットフードの種類

フレークタイプ

フレークタイプはわかりやすく表現すると、ツナ缶に入っているツナのようなタイプのものです。多くが缶詰に入っていますが、レトルトパウチのものも存在します。
見た目や匂いが本来の肉、魚に近いため、本来肉食動物である猫の習性に合ったキャットフードです。
このタイプは総合栄養食として、種類が多く存在します。

パテタイプ

パテタイプはアルミトレイに入っていることが多く、中身はペースト状やムース状になっています。ドライフードなど、他の食材と混ぜやすいため、混ぜて与えることが多いウェットフードです。こちらのタイプも総合栄養食の種類が比較的豊富です。
特に子猫や老猫などに充分な栄養を与えるための食事に向いています。

スープ、シチュータイプ

スープタイプ、シチュータイプのウェットキャットフードは水分含有量が非常に多く、水分補給に向いている食事です。ほとんどがレトルトパウチに入っています。
このタイプにも総合栄養食の基準を満たしているものは存在します。但し、スープがメインのため、どちらかというと総合栄養食でない場合の方が多く、注意が必要です。
主にドライフードをふやかして与える場合や、食欲がない猫の食事として与える場合に適しています。

総合栄養食のウェットキャットフードを選ぶ際のポイント

総合栄養食のウェットキャットフードはパッケージに「総合栄養食」と記載されています。必ずチェックしたうえで購入しましょう。総合栄養食であれば基準を満たす栄養が含まれていますが、その中でも特に肉や魚などのタンパク質が多く含まれているものの方が理想的です。

しかし、いくら栄養が基準を満たしているからといっても、ウェットキャットフードには「顎が弱くなる」「虫歯になりやすい」など、栄養面以外のデメリットがあります。そのため、ドライキャットフードと組み合わせるなどの工夫が重要です。

まとめ

ウェットキャットフードの中でも総合栄養食の基準を満たしているものについてご紹介しました。主にフレークタイプやパテタイプの多くが総合栄養食で、スープ、シチュータイプのものも一部あります。

栄養素の中では特にタンパク質に注目し、ドライキャットフードと組み合わせて猫の健康管理を行うのが効果的です。

【参考文献】
ウェットキャットフードの選び方
https://fridaynightrunning.com/11.html
スープ・シチュータイプのキャットフード
https://www.superchikan.com/015.html