ウエットキャットフードの種類(一般食)

ウエットキャットフードの種類

ウエットキャットフードは、猫の成長に必要な栄養成分がバランスよく配合されている、総合栄養食と、一般食(副食、補完食等と表記されるもの)があります。一般食は、嗜好性が高く特定の栄養成分等の摂取を目的としたものが多いので、総合栄養食と併用して与えることが基本です。

一般食の主な種類

一般食は、嗜好性が高い上に、バリエーションがとても豊富です。使用している原材料や価格の幅、特定の栄養成分の摂取を目的とするものなど、飼い主さんにとって選択肢が多くあります。愛猫の様子を伺いながら、色々試してみることも楽しみの一つになるでしょう。

フレークタイプ

素材の食感を多く残したタイプです。魚や肉など素材本来の味や食感が残っているので、猫にとって満足感が最も得られます。

パティタイプ

ペースト状の食べやすいタイプです。魚や肉をはじめ野菜など様々な素材を混ぜ合わせて作られています。ドライタイプのフードに混ぜやすく、総合栄養食の補完食としては最適です。

シチュー(スープ)タイプ

ウエットフードの中でも、最も水分を多く含むタイプです。水分補給が苦手な猫にとっては重宝する補完食になります。

一般食の活用方法

一般食を与える目的としては、愛猫の食欲が落ちたり、いつもの食事に飽きてきたりした時に総合栄養食の主食と併せてあげる食欲増進があります。一般食は栄養バランスに欠ける面はありますが、嗜好性が非常に高いものが多く、バリエーションも豊富なので、愛猫にみあった特性の一般食を与えて、愛猫の元気と健康をしっかりと維持してあげてください。
また、単純に愛猫とのコミュニケーションをとるために、適量をご褒美として与えることも良いでしょう。

一般食のウエットキャットフードを与える際に気をつけること

嗜好性が高く、食いつきの良いウエットキャットフードは、ついつい毎食与えたくなりがちです。しかし、あくまでも補完食、副食なので、これだけを与え続けるのは愛猫の健康にとっては良くありません。
ドライフードを全く食べなくなったりすることも稀ではありませんし、ドライフードに比べて水分量が多いので、歯垢歯石が付着しやすかったり、下痢の原因になったりする可能性があります。
また、ウエットキャットフードは、長期保存ができないものがほとんどなので、開封後は冷蔵庫に保存するなどしながらも、1日以内に使い切るようにして下さい。
できる限り粗悪な原材料のものを避けて、総合栄養食(ドライ・ウエット)の補完食として、愛猫の状態と目的にみあった、バランスの良い食事を心がけるようにしてあげて下さい。

【参考文献】
魚がメインのキャットフードについて
http://www.fedc.net/04.html
肉がメインのキャットフードについて
https://www.inkstainedhands.com/meat.html