ウェットフードのメリット・デメリット

猫用のフードにはドライフードとウェットフードがあります。ホームセンターやペットショップでは様々な種類のフードが売られていて、どれを買ったらいいのか悩んでしまうことでしょう。ドライフード、ウェットフードはそれぞれ猫にとってメリット・デメリットがあります。今回はウェットフードのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

ウェットフードのメリット

水分補給になる

猫はあまり水を飲まない動物です。猫があまり水を飲まない理由は、先祖が砂漠に住むリビアヤマネコだったため、あまり水を飲まなくてもよい体になっていったからです。しかし、水をあまり飲まないと尿結石、膀胱炎、慢性腎不全などの病気になりやすくなってしまいます。
ウェットフードはドライフードと比べて圧倒的に水分量が多いので、ウェットフードを与えることで水分を摂取することができ、水分不足による病気の予防になります。

風味がよく猫の食いつきがよい

猫は本来肉食の動物です。ウェットフードはその猫の嗜好に合った肉や魚が多く使われていて香りも良いため、猫の食欲をそそります。また、高タンパク、高脂質、低炭水化物なのも猫の本来の食性に近いため猫が好んで食べます。ドライフードを嫌がって食べない高齢で食欲が落ちた猫や病気をしている猫でもウェットフードなら食べるという場合があります。食べさせたいのになかなかフードを食べてくれない場合は、ウェットフードを少し温めると香りがより良くなるため、猫の食欲がそそられ食べてくれることがあります。

種類が豊富

ウェットフードはドライフードに比べたら種類が豊富です。スープになっているものやペースト状のもの、肉や魚の身がゴロっと入っていて食感を大切にしているものまで様々です。キャットフードの成分表の先頭に書かれている成分はそのキャットフードに一番多く含まれているものです。ウェットフードは一番先頭に肉や魚が記載されているものが多いため、肉食の猫には適しています。味や食感が豊富なウェットフードは猫が飽きることなく食べてくれます。

ウェットフードのデメリット

日持ちしない

ウェットフードは未開封ですと長持ちするのですが、開封したら日持ちしません。水分を多く含むので傷むのが早いため、開封したら翌日までには食べきるようにしましょう。一回で食べきれない場合は密封容器に入れて冷蔵庫で保存します。食べさせるときには電子レンジなどで少し温めてあげてください。

歯石がつきやすい

水分を含んでいるウェットフードは、猫の歯につきやすく歯石の原因になってしまいます。猫は口の中を触られるのが嫌いなため、歯磨きをするのが大変です。しかし、歯磨きをしないと歯石がたまり、歯周病の原因となってしまいます。歯周病になり、ひどくなると歯を全部抜かなければならないこともあるため、ウェットフードを与える時には歯のケアに気をつける必要があります。

ドライフードに比べたら値段が高め

ドライフードに比べたらウェットフードは値段が高くなっています。ウェットフードにはフードと一緒に水分が摂れ、食欲が落ちた猫がウェットフードなら食べるなどというメリットがあります。しかし、歯石がつきやすいなどのデメリットもありますので、猫にはドライフードと上手に組み合わせて与えることをおすすめします。

まとめ

猫も歳をとるとだんだん食欲が落ちてきて、消化機能もだんだん落ちてきます。水分を多く含むウェットフードはドライフードに比べて消化がよく、柔らかいため歯が弱くなってきた老猫にも食べやすいです。
一方で歯垢になりやすい、値段が高め、などのデメリットもあるので、ドライフードとうまく組み合わせて与えると良いでしょう。
ウェットフードをドライフードの代わりとして与える時は、総合栄養食を選ぶように気をつけましょう。ウェットフードは「一般食」と書いてあるメインの食事の補助食のようなものが多いのですが、総合栄養食でないと猫の体に必要な栄養が摂れません。
メリット・デメリットを知った上で、上手にウェットフードを取り入れて猫の健康の維持に役立てましょう。