フレークタイプのキャットフード

キャットフードはドライキャットフードとウェットキャットフードに大別されます。
ウェットキャットフードには様々な種類が存在しますが、その中にフレークタイプのキャットフードがあります。今回はフレークタイプのキャットフードについて、その特徴やメリット、注意点についての詳細をご紹介します。

フレークタイプのキャットフードの特徴

そもそもフレーク(flake)とは「薄片」の意味であり、魚や肉の身をほぐしてあるもので、主に缶にパッケージされています。人間が食べるツナの缶詰に似たような見た目をしています。
フレークの形は粗いものから細かいものまで、猫の体調や年齢に合わせて様々な種類のものがつくられています。

フレークタイプのキャットフードはウェットキャットフードの中でも比較的スタンダードな位置づけです。そのため味や価格、原料などの種類が豊富にあります。種別も総合栄養食から一般食、栄養補完食、副食などが存在します。飼い猫の好みや性格に合わせて、選択肢の範囲が広いのも特徴です。

フレークタイプのキャットフードのメリット

フレークタイプのメリットは、素材の形やにおいが残っているため、嗜好性が高いということです。素材本来の味を楽しめるため、猫の食いつきもよいです。
また、穀物を使用していないものが多いのもメリットの1つです。猫は穀物の消化がうまくなく、便秘や下痢の原因になることがあります。そのため、できるだけ穀物不使用のキャットフードをあげることが健康管理に効果的です。

これはウェットキャットフード全般にいえることですが、フレークタイプのキャットフードにも水分が多く含まれています。その含有量は約50%~60%です。猫にとって水分は必要不可欠であり、食事で水分を補えることは大きなメリットです。普段水を飲まない猫にドライキャットフードとフレークタイプのキャットフードを混ぜて与えるだけでも、水分摂取に効果があります。このように多くの水分を含んでいても、それぞれの粒が食べやすく、猫の口周が汚れにくい点も良い点です。

フレークタイプのキャットフードの注意点

特徴面で、総合栄養食や一般食など、様々な種類があると紹介しましたが、フレークタイプのキャットフードの大半は一般食などのおかずに分類されます。そのため、与える場合は主食に与えている総合栄養食とのバランスを考え、栄養が偏らないように注意する必要があります。
また、開封後は鮮度がすぐに落ちてしまいます。特にフレークタイプの場合、その形状から空気に触れる面が多く、傷みやすいです。与える際はできるだけ食べきれる量にし、もし食べ切れなかった場合は冷蔵庫内で他の容器に移し替えて保存しましょう。その場合でも、目安として12時間以内に与えてあげてください。

まとめ

フレークタイプのキャットフードについて、その特徴やメリット、与える際の注意点についてご紹介しました。
フレークタイプは食いつきがよく、食欲がなくなった際のおやつとして与えてあげるのが最適です。但し、栄養バランスと鮮度には注意が必要です。
種類が多いため、自分の飼い猫の健康や生活スタイルに合わせ、選んであげましょう。

【参考文献】
フレークタイプのキャットフード
http://www.marccohn.net/010.html
パテタイプのキャットフード
http://kanekoya.candypop.jp/02.html