ウェットキャットフードの種類(栄養補完食)

ウェットキャットフードは様々な種類が存在し、それぞれの特徴を把握しておくことは猫を飼う上で重要です。今回はその中でも栄養補完食について、その目的や種類、与え方のポイントなどの観点から詳細にご紹介します。

栄養補完食の位置づけ

まず、様々あるウェットキャットフードの中で、栄養補完食がどのような位置づけであるかを説明します。ウェットキャットフードは大まかに「総合栄養食」「間食」「その他の目的食」に分類され、栄養補完食は「その他の目的食」に含まれます。
総合栄養食が主食として猫に必要な栄養素がバランス良く含まれているのに対し、栄養補完食は特定の栄養素を補う、サプリメントのような役割に位置づけられています。

栄養補完食の種類

ウェットキャットフードの栄養補完食には様々な種類があります。
素材はチキンや魚から鹿や馬など幅広いです。総合栄養食のものよりも嗜好性が重視されているため、猫の好みに合ったものを選んで与えてあげましょう。
また、オーガニックの原材料のみを使用しているものなど、健康を意識したものも作られています。
パッケージは缶やパウチに入っているものが多く、パテタイプやスープタイプなど、形状も様々です。粉末になっているものやミルクタイプのものもあります。
これらはカロリー補給として利用することが多く、子猫の離乳食としても活用できます。
様々な素材が使われている分、アレルギーがある猫の場合は素材の表示をしっかりと確認する必要があります。

栄養補完食の与え方

ウェットキャットフードの栄養補完食は、それ単独で与えるものではなく、総合栄養食と一緒に、足りない栄養素の分だけ与えるのが適切です。肥満が気になる場合は肥満用の栄養補完食を与えたり、泌尿器系の病気が気になる場合は泌尿器ケア用の栄養補完食を与えたりします。このように、猫の細かい状態に対応して様々なものがあるため、その状況にあったフードを選ぶことができます。
また、食欲がない場合や水分摂取量が少ない場合など、普段と様子が違う時に食欲を増進させるための目的として、ドライフードと混ぜて与えてあげるのも効果的です。

猫の体質や嗜好から、それに合ったものを選んで与えてみてください。

栄養補完食を与える際の注意点

栄養を補うために必要な栄養補完食ですが、注意点があります。それは、毎食与える必要はないということです。嗜好性が高く食いつきが良いウェットキャットフードはつい与えてあげたくなりますが、主食はあくまでも総合栄養食です。必要な時に補助として与えてあげましょう。
逆に、いつも総合栄養食のドライフードばかり食べさせていると、ウェットフード自体を食べてくれなくなることがあります。健康で特に栄養補完の必要がないと思っても、栄養補完食のウェットキャットフードをたまに与えてあげるのも効果的です。こうして慣れさせることでウェットキャットフードを拒否しなくなり、病気や歯が悪くなった際にウェットキャットフードから栄養を摂取することができます。
また、ウェットキャットフード全般にいえることですが、一度開封すると鮮度がすぐに落ちてしまうものばかりなので、1度で食べきれる量を考慮して与えてあげてください。

まとめ

ウェットキャットフードの栄養補完食についてご紹介しました。総合栄養食と異なり主食として与えることはできませんが、細かい用途に応じて様々な種類があるため、状況にあったものを選んで与えることができます。
栄養を補うのはもちろん、猫と飼い主のコミュニケーションの手段の1つとして使うのも、有効な活用方法です。
上手く利用し、猫の健康を保ちましょう。